Blog

LOVERSION 上野

その他の写真

2018年11月05日 11:18:00
photo_01
photo_02
photo_03
HPのotherページに載っていない写真です!

改めまして、オーナーの和田と申します。

2018年10月08日 15:30:00
photo_01
改めまして、自己紹介を兼ねましてのご挨拶をさせていただきます。LOVERSIONにいらっしゃる方々は案外、私のブログを読んでる方が多いようで、私のプロフフィールをご存知の方が多いです。(ありがとうございます)

さて私、和田七奈江がショパンのピアノ曲に心底感動したのは、5歳の頃だと思います。それは「黒鍵のエチュード」です。家のオーディオステレオで聴いて、これ、とってもいい!この曲どうなってるの?!わ〜ピアノってこんなふうに鳴るの!?と心の中で何度も叫びました。その後は色々な曲に感銘を受け、中学生になった頃にはクラシックのみならず全ての美しい音楽に興味が深くなり、そしてついに高校卒業後、シカゴの音楽大学へピアノ科で進みました。そこではやはりクラシックの勉強をひたすら積みました。そしてその傍ら、私は人知れず大学の練習室で作曲をし、夜な夜な楽譜を書いて、それを自分で弾いて、、、という最高の遊びを自ら創り出しました。誰にも邪魔されたくない遊びだったので、作曲を誰かに習うこともいたしませんでした。というか、自分には自分の作曲がすべてであって、他人の先生なんていらなかったのです。その後、クラシック曲の素晴らしさを知りながら、私は自分の作曲を演奏することにメキメキと力を入れ、気づいたら日本のレコード会社「日本クラウン」さんからCDを発売し、そっち方向の活動を始めていました。その後、私はオーディションを開催し、私の曲を課題曲として皆さんに弾いてもらったり、合格者たちとコンサートを開催したり、、、と、書ききれないほど色々としました。 そういう人生だったため、音楽サロンの開設しか考えられない状況になっていたのです。そしてオープンしました。

LOVERSION 音楽サロンでは、応接間で集うような親密さと共存の中で音楽を分かち合うというコンセプトを掲げています。演奏者の心とも言える演奏の音色が聴衆の心へ率直に届くため、高レベルな音楽力が求められると思います。しかしながら音楽家は元来、高みを目指すもの...。LOVERSIONは、音楽家の営業活動や発表活動の場として結論づけられるだけでなく、人間が人間として人間同士の知的な交流を実感できる価値のある場として存在します。今、私はそのための運営管理や経営の方に尽くしております。

LOVERSION音楽サロンには音楽的に豊かなアーティストや偉業的なアーティスト、修行中の音楽学生など様々な方がお越しになります。最近私は、それら素晴らしいクラシック音楽家の影響を受けつつ、暇を見ては練習を重ね、時々密かにクラシック名曲のコンサートもしています。これからも色々な方のご来場を楽しみにお待ちしています!

森の花かご

2018年10月05日 20:50:00
photo_01
先日のコンサートにてピアノ前に設置されたお花。森の花かごみたいに可愛いいですね!
LOVERSIONのご近所、歩いて約10秒のところにあるお花屋「フローリスト咲」さんの作です!
お花が必要な際はご用命くださいね(^.^)

自動販売機、設置!

2017年11月04日 09:21:00
photo_01
ラバージョンから小走りで3秒のところに自動販売機が設置されました〜!
(夜の撮影です)

ピアニスト高橋望さま ついに参上!

2017年07月28日 14:56:00
photo_01
photo_02
photo_03
数年来に渡って私の顔見知りであるピアニスト高橋望さんが、お話コンサート「ピアノでゆっくり」をラバージョンで開催されました!主催者様はゆっくり小学校の上野宗則さん。ゆっくり小学校とは、東北被災地の皆様に「子供に戻ってゆっくりやっていこう」という事を広めている学校らしいです。高橋様は色々なクラシック名曲を弾きますが、中でもバッハを中心としています。安定感のある演奏でして、ほっとします。

写真を見てください。
こんな風に壁に直接、映像をあててやることもできます。

お料理の写真、これは2階のビストロラバージョンにて食事会の時に出されたものらしいです。
料理部隊の方がご用意したようです。こんなに立派なご馳走を出せてしまうんですね〜。
テーブルを囲んでみなさんで懇親会。楽しいムードで何よりです。

ドラマチックピアニスト はちまんさん

2017年02月18日 20:24:00
photo_01
ラバージョンへ、ドラマチックピアニストのはちまん正人さんがコンサートの打ち合わせにいらっしゃいました。
クラシック曲を自分のオリジナリティ世界に塗り替えて紡ぐ、味わい深い演奏をなさいます。そして、、低音部が深く豊かになる、このスタインウェイB211ニューヨーク製をお気に召していただけたようです。はちまんさんご自身が憧れとするピアニスのトホロビッツさんもスタインウエイのニューヨーク製を愛用していたとのことで、はちまんさんもニューヨーク製の魅力をじゅぶんに熟知されているようです。皆様もラバージョンのスタインウェイニューヨーク製の音色の魅力を是非、体感しにいらしてくださいね。

素敵なお花

2017年02月14日 20:42:00
photo_01
オープンにあたって、素敵なお花の数々を頂きました。
ありがとうございます。当分、長持ちしそうです。

遅ればせながらも完工パーティー

2017年01月22日 13:53:00
photo_01
遅ればせながら、関係者による完工パーティーコンサートを行わせていただきました!
久々にくっきりした写真が撮れたのでアップします。左から教育事業を広げている濱野社長、真ん中に私、右にDJの村上千聡さんです。 

はじめまして

2016年10月11日 17:28:00
みなさま、はじめまして。LOVERSIONオーナーの和田七奈江(コンポーザーピアニスト)です。2008年「LOVERSION」というアルバムタイトルで作曲/ピアノのCDを発表し、2010年にも「LOVERSION II 」として発売し、そしてLOVERSION TOKYO株式会社を設立して、今年で早5年目、台東区の上野に「LOVERSIONミュージックサロン」が完成しました。こちらはレンタルスペースとして皆さまにご活用いただきたいと思います。2階はキッチン付きのダイニングルームになっています。演奏会時の控え室、2次会、お茶会やワイン会、飲食会、お花教室やお料理教室など色々な用途でお使いくださいね。