Blog

page : [1] [2] [3] [4] [5] [6]

体温や血流

2020年03月10日
まじめな話。最近、私はピアノの練習の前に体温を測ります。血圧も測りたいのですが計器を持ってません。演奏は血流や体温が関係しているように思うんです。ほどほどに高体温の時の方が演奏が上手く流れますよ(^.^)

芸術家は、、、

2020年03月08日
芸術家っていうのはもともと孤独だし、自分本位なんだからコンサートが中止になって収入がなくなったくらいでジタバタしない。ビンボーになったら何をしよう...とわくわくする。っていうのはどうですか?

御法度

2020年03月04日
さてこの時期、LOVERSIONには朝6時から東京藝大の受験生がお越しになって練習練習...です。ついでに今日はプチ発言(^。^)。プロや素人に関わらず、ピアノ以外の楽器の方はグランドピアノの天板上にヴァイオリンケースや鞄や飲み物などをポイと置いてしまう方が多いです。これはピアニスト界では御法度。注意しましょう(^.^)

感性

2020年03月04日
ここ数年、自分の曲に興味を失い、冷めた目で見ていたのに...。突然、最近、狂ったように聴いています。寝てる時と練習の時以外ずっと聴いています。こういう時はもう来ないと思っていても絶対来るとは思っていた...。眠っていた感性が覚めて止まっていた頭が動き出した気がします。私は今までに閃きを3回体験し、そのパワーで今を生きています。そろそろもう1つ欲しいです。

アルバム LOVERSION 2 (発売元:日本クラウン)

アルバム LOVERSION (販売元:クラウン徳間ジャパン)

コロナで騒ぎ立てるも良し

2020年02月28日
コロナで騒ぎ立てるもよし。「生者必滅、会者定離(しょうじゃしつめつ、えしゃじょうり)」。名俳優の仲代達矢が演じる藤沢周平の短編時代劇小説「帰郷」より。この世に生を受けた者は、必ず滅び死ぬものであるということ 。人生は無常ということです。こんな時こそ音楽もいいけど文学も知ろう。

そして整音の結果...

2020年02月22日
photo_01
ピアノの鳴りがすごく良くなりました。LOEVERSIONの調律師は一流の腕を持つ信頼できる人でして、ピアノの悪いところをピンポイントで察知して、そこを集中的に緻密に直していくから仕上がりがガラッと変わるんですよ(^.^)

ピアノの整音

2020年02月22日
photo_01
photo_02
2月後半は東京芸術大学の受験生によるピアノ練習で朝6時から夜まで混んでおりまして、3月からはコンサートが増えていきます。それで急遽、専属調律師が「整音」をしました。ラバージョンのスタインウェイはNY製ですがハンマーやそのサポート部分は信頼の高いドイツのレンナー社の物を使っています。鍵盤の深さは深すぎず浅すぎない9.75ミリで設定してます。

その他の写真

2018年11月05日
photo_01
photo_02
photo_03
HPのotherページに載っていない写真です!

過去のPic Up

2018年10月27日
photo_01
photo_02
photo_03
過去のPic Up チラシです。

改めまして、オーナーの和田と申します。

2018年10月08日
photo_01
改めまして、自己紹介を兼ねましてのご挨拶をさせていただきます。LOVERSIONにいらっしゃる方々は案外、私のブログを読んでる方が多いようで、私のプロフィールをご存知の方が多いです。(ありがとうございます)

さて私、和田七奈江がショパンのピアノ曲に心底感動したのは、5歳の頃だと思います。それは「黒鍵のエチュード」です。家のオーディオステレオで聴いて、これ、とってもいい!この曲どうなってるの?!わ〜ピアノってこんなふうに鳴るの!?と心の中で何度も叫びました。その後は色々な曲に感銘を受け、中学生になった頃にはクラシックのみならず全ての美しい音楽に興味が深くなり、そしてついに高校卒業後、シカゴの音楽大学へピアノ科で進みました。そこではやはりクラシックの勉強をひたすら積みました。そしてその傍ら、私は人知れず大学の練習室で作曲をし、夜な夜な楽譜を書いて、それを自分で弾いて、、、という最高の遊びを自ら創り出しました。誰にも邪魔されたくない遊びだったので、作曲を誰かに習うこともいたしませんでした。というか、自分には自分の作曲がすべてであって、他人の先生なんていらなかったのです。その後、クラシック曲の素晴らしさを知りながら、私は自分の作曲を演奏することにメキメキと力を入れ、気づいたら日本のレコード会社「日本クラウン」さんからCDを発売し、そっち方向の活動を始めていました。その後、私はオーディションを開催し、私の曲を課題曲として皆さんに弾いてもらったり、合格者たちとコンサートを開催したり、、、と、書ききれないほど色々としました。 そういう人生だったため、音楽サロンの開設しか考えられない状況になっていたのです。そしてオープンしました。

LOVERSION 音楽サロンは、応接間で集うような「親密さ」と「共存」の中で「音楽を分かち合う」というコンセプトを掲げています。このようなコンセプトを掲げる空間では、演奏者の心とも言える「音」が聴衆の心へ率直に届くため、高レベルな音楽力が求められると思います。しかしながら音楽家は元来、高みを目指すものであり、なにより聴衆との限りない共感を目指すもの...。LOVERSIONは、音楽家の営業活動や発表活動の場として結論づけられるだけでなく、人間が人間として人間同士の知的な交流を実感できる価値のある場として存在します。今、私はそのための運営管理や経営の方に尽くしております。

LOVERSION音楽サロンには音楽的に豊かなアーティストや偉業的なアーティスト、修行中の音楽学生など様々な方がお越しになります。最近私は、それら素晴らしいクラシック音楽家の影響を受けつつ、暇を見ては練習を重ね、時々密かにクラシック名曲のコンサートもしています。これからも色々な方のご来場を楽しみにお待ちしています!